変動型=低金利 か 固定型=高金利 どちらを選ぶ?

「低金利が続くし、税優遇やエコポイントもあるなら、ローンで住宅購入を・・」と考えている方は多いはず。

住宅ローンには3種類の金利タイプがあります。

 

1.変動金利型

 金利が上昇すれば総返済額が増え、金利が下降すれば総返済額が減少する

 半年ごとに金利を見直す商品ですが、実際は5年間変えないという「5年ルール」があることに注意

 これは、金利変動によって返済額が激変するのを防ぐための措置だが、金利が上昇する場合は利息の支払額が増えるにもかかわらず、返済額が変わらないので、元金返済に充てられる額が減る。

 また「125%ルール」といって、5年後に返済額を計算し直す時には、金利が上がっていてもこれまでの返済額の1.25倍に抑えるルールがある。これにより、金利上昇時では、毎月の返済額は大きく変わらないが利息の返済だけが増える。

 

2.固定金利期間選択型

 「当初10年間は金利--%」のように、最初の一定期間は金利が固定されているタイプ。

 2,5,10年など選択した期間は金利が一定。

 固定期間が終わると、改めて金利タイプを選択するが、変動金利型のような「125%ルール」はないので、固定期間終了時に金利が上がっていればすぐにそれが反映され返済額が増える可能性がある。

 

3.全期間固定金利型

 借入時の金利が返済期間中ずっと適用される。その分金利が高めに設定されている。また、借りられる金額は変動金利型に比べて少なくなる可能性がある。

 

 

・「どの金利タイプを選べばよいのか?」

 

  全期間固定金利型は金利上昇リスクを銀行が負うが、変動金利型は借り手がリスクを負うことになる。

  変動金利は長い間、低水準にあるため、このタイプを選ぶ人が多い。金利だけを比較すれば優位に思える。しかし、注意しなければならないのは、 金利が上昇した時に負うリスクである。 目先の低さに釣られて、借り過ぎてしまうという危険性があります。

 固定金利は、金利上昇時のリスクはないが、下降時のメリットもない。

 

 どちらを選ぶとしても、住宅ローンは長期にわたり家計に大きな影響を与えます。さらに、頭金にも注意が必要です。いままでの貯蓄額がそのまま頭金にはなりません。不動産取得税、登記費用、ローン手数料、保証料など諸費用が必要です。引越し代、耐久消費財の購入なども考えて、

物件価格の5~8%の費用は想定しておきましょう。

 生活費とローン返済額の計算をしてある程度の金額を手元に備えておくことが賢明です。

 

 以上のポイントをおさえて、慎重に選びましょう。  

資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

カウンター

サイトNo.9

2018.9.26