借入に対する基本的な考え方と債務超過状態になったときの対応の仕方

≪借入に対する基本的な考え方≫        
                     
  好景気時代 = いつでも借入可能 ⇒  余力があれば利息がもったいないから
              返済し、また必要な時に借入する。
                     
                     
  不景気時代 = 新規借入が困難 余力があっても繰り上げ返済等もせず、
              預金残高を多くする。  
                     
              利息を多く払ってでも借入可能なら、
              余分に借りて保有資金を増やす。
                     
                     
≪債務超過状態になったときの対応の仕方≫      
                     
  債務超過とは・・・            
   負債の総額が資産の総額を超える状態。        
   つまり、資産をすべて売却して現金化しても、そのお金で負債を返済しきれない状態である。
  Bitmap
 
                 
    法人の場合     【純資産の部】がマイナスになっている状態。  
                     
    個人事業主の場合  元入金がマイナスになっている状態。    
              (期中であれば元入金+当期利益+事業主借-事業主貸)
                     
                     
  新規借入 債務超過だと原則として借入不能      
                     
                     
  既借入 債務超過でも条件変更可能      
         
 
           
          元金返済を0円にして、利息は払う。    
          ※但し、次の借入につながらなくなってしまいます。
                     
          元金返済を月額1万円にして、利息は払う。  
          ※次の借入につながる可能性が残ります。  
                     
                     
                     
                     
   
 
     
資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

カウンター

サイトNo.9

2018.9.26