「定期預金」の銀行の考え方

 定期預金に対する考え方について、社長さんと銀行の認識が全くことなっていることがあります。

 社長としては「いつでも自由に使えるお金」と考えますが、銀行は「担保」と考えるのです。そのため、定期預金を簡単に解約できないケースがでてきます。社長さんが定期預金を解約しようとすると、すぐに融資の担当部署から「なぜ解約するのですか?何に使うつもりですか?」と根掘り、葉掘り質問されることがよくあります。

 

 きちんと、担保設定がなされているなら話は別ですが、本来、社長さんが自分の会社の定期預金を何に使おうが自由なはずです。しかし、銀行としては簡単にはそれを許すわけにはいかないのです。社長としても無理に解約して銀行さんとの関係をギクシャクさせたくありませんので、ついつい諦めてしまいがちです。「定期預金は自分の会社のお金ですが、融資を受けている以上、あまり強硬に出過ぎて銀行さんの機嫌を損ねてしまうのは得策ではない」と考えてしまうのです。

 

 

 

定期預金の賢い運用方法

 こうならないためにも社長さんは、「担当者に頼まれたから、お付き合いで」などという理由で定期預金を組まないことです。とうしても応じなければならない「義理」がある場合は、可能な限り小額にしておきましょう。

  また。自動更新タイプの契約は避け、満期金が普通預金や当座預金に入金されるタイプの定期を選びたいものです。 

 

 それでも、社長さんが「毎月、計画的に積み立てる定期預金を組んで、いざという時のために、しっかりと事業資金を蓄えておきたい。」と考えるのならば、融資取引のない銀行さんに預金するようにしましょう。

 

資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

カウンター

サイトNo.9

2018.9.26