<資金繰り>

【資金繰り】の問題点

 

事例1、設備投資による資金繰りの圧迫

設備投資は、多額の資金を要するため、資金繰りを圧迫することがほとんどです。多くの企業は、自己資金だけでは設備投資の資金を賄えず、銀行から借入を行います。

 

設備投資は、企業の成長、存続のために必要な資金投下です。

ただ、設備投資の難しいところは、設備により生み出される利益は長期にわたって回収されるため、計画通りに利益を生み出せなければ、資金繰りを圧迫してしまう、という点です。

極端な言い方をしてしまうと、設備投資は、諸刃の剣なのです。

 

返済能力と、銀行から融資を受ける条件を考慮したうえで、計画を立てることが重要です。

 

事例2、資産の固定化による資金繰りの圧迫

資産は、銀行の格付けの指標にもあるように、その効率性、回転率の良さが求められます。資産を十分に活かして経営することで、企業を成長させていくのです。

逆に、資産が十分な利益を生み出せなかったり、効率が悪かったりする(資産が固定化する)と、企業の成長を止めてしまいます。

場合によっては、資金繰りを圧迫することも考えられます。

 

具体的には、資金繰りを圧迫させる資産や原因として、売掛金の回収の遅れ、遊休不動産、不要な投資、過剰な設備、過剰な保険、貸付金、などが考えられます。

 

自社の資産の回転効率を把握することが大切です。

 

事例3、売上増加による資金繰りの圧迫

売上が増加するということは、収入が増えると同時に、支出も増加することになります。当たり前のことですが、お金が入ってくるのを待っている金額(売掛金等)が増えるのとともに、支払いを待ってもらっている金額(買掛金等)も増えます。

つまり、運転資金が増加しますので、資金繰りが忙しくなる可能性が非常に高いです。

 

経営者の中には、「とにかく売上があがればどうにかなる」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、どれだけ売上が上がっても、資金繰りがうまくいかないと、『倒産』を招いてしまうのです。

 

【会社を続けていく上で、最も重要なのは、売上ではなく資金繰り】です。

 

売上を増加させるときは、資金の目処や、銀行からの借入の計画、売掛金、買掛金のサイトも考慮してすすめなければなりません。

資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

カウンター

サイトNo.9

2018.9.26