<銀行が融資をしたい企業>

資金繰り

 

一番に、[貸したお金が、滞りなく返ってくる見込みのある会社]。その次に、[今後、長くお付き合いができそうな会社]なのです。

 

資金繰り

つまり、銀行が決算書を見るポイントをまとめると、

  1. どれだけ安全な企業であるか?
  2. 財務体質が強固で、今後も長く付き合っていけそうな企業であるか?
  3. 万が一潰れてしまった場合でも、債権に充当する資産はあるか?

ということになります。

 

 

特に、1と2の項目に関しましては、

企業を経営される上でも、非常に重要なポイントではないかいと思います。

 

[銀行の決算書の見方を知る]ということは、

[安全で、財務体質の強い企業になるために、何に気をつければよいかを知る]ということとほとんど同じなのです。

 

それでは、具体的に、銀行は企業の決算書のどの項目を見ているのでしょうか?

実は、銀行が企業を判断する多くの点は、[売上や利益ではない]のです。

このことは非常に重要です。

銀行は、売上があがったから、利益があがったから、という理由だけでは、一概に「融資をしたい企業だ」とは評価しません。

 

銀行は、

資産や負債の記載のある[貸借対照表]を、

売上や利益が記載されている[損益計算書]よりも、

重視しているのです。

では、銀行は貸借対照表のどこをどのように評価しているのでしょうか??

 

それがわかってしまえば、財務体質を強くすることができ、

結果として、企業経営を継続していくために、経営の皆様がするべきこが自ずと見えてくるのです。

資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

資金繰り
カウンター

サイトNo.9

2018.3.5