銀行の考え方

返済可能資金の計算

 銀行は返済の可能性を何で確認するのでしょうか?

実は、ある2つの数字を見ています。その数字とは「税引き後利益(当期純利益)」と「減価償却費」です。返済原資はこの2つの数字の和で計算されます。

銀行はこの計算式から出てくる数字が1年間の総返済金額より大きい数字になるかどうかを確認しています。

 

税引き後利益+減価償却費>1年間の総返済金額

 

この数字は、会社が活動して利益を上げ、税金を支払った後の最終的に「余ったお金」です。理論上の返済額は、この「余ったお金」からしか計算されません。

 

複数の銀行と取引するメリット

 銀行は一行取引を望んでいません。理由は、銀行の都合で融資を断らなければならない場合があるからです。普通の銀行は民間企業ですから経営方針によって融資の方針も変わります。ある時期には中小企業向けの融資を強化し、ある時期には貸し渋るということがあるのです。その貸し渋らなければならない時期に、もし一行取引だと、その銀行は企業に対してどのように対応するか大変困ってしまいます。「融資を断る=会社を倒産させる可能性」と考えられるからです。

 ですから、銀行の本音としては、「複数の銀行と上手に取引してほしい」と考えています。

 

資金繰り


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

資金繰り
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
電話 0587-23-3100
FAX   0587-23-2558

カウンター

サイトNo.9

2018.9.26